再び噛めるようになるための治療法

「入れ歯治療」や「インプラント治療」は、失ってしまった歯の見た目と機能を補うための治療です。「どうせ見えない奥の歯だから……」と歯を失った状態のまま放置してしまう方もいらっしゃいますが、歯は1本でも欠けると全身にさまざまなトラブルを招くおそれがあるので注意しましょう。お口や身体へのさらなる悪影響を避けるためにも、お早めに二俣川駅近くの歯医者「こば歯科」へご相談ください。

歯を失った場合の治療方法は?

歯を失った場合の治療法には、大きく分けて「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」の3種類があります。それぞれ特徴がありますので、まずはどんな治療法なのかをご確認ください。

  • インプラント
  • 入れ歯
  • ブリッジ
インプラント

インプラント

歯を失った部分の顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上にセラミック製の人工歯を装着する治療法です。

価格 300,000円~(税抜)
メリット デメリット
  • 本物の歯に近い感覚で噛める
  • 見た目が自然で治療したことがわからない
  • 周りの歯に負担をかけない
  • 治療後の違和感がほとんどない
  • 入れ歯などに比べて顎の骨が痩せにくい
  • 治療費が比較的高額になる
  • 外科手術が必要になる
  • 治療期間が長くなる
義歯(入れ歯)

1本からすべての歯まで、失った歯の本数に合わせてつくった義歯を、バネなどを使って装着する治療法です。よい入れ歯をつくるためには、患者様のお口の形状やコンディションを詳細に調べて適切な素材や方法を選択する必要があります。

メリット デメリット
  • 保険適用の場合は安価にできる
  • 見た目や機能にこだわることもできる
  • 短期間の治療で効果が得られる
  • 外科手術の必要がない
  • あらゆる症例に適用できる
  • 何度も調整する必要がある
  • 固い食べ物が食べにくくなる
  • インプラントに比べて噛む力が弱くなる

当院の取り扱い入れ歯(自費診療)

ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー 入れ歯を固定するためのクラスプ(金属製のバネ)を使用しないタイプの入れ歯です。床部分が薄いため軽量で、見た目も自然に仕上がります。
価格 100,000円~(税抜) ※欠損によって異なります。
マグネットデンチャー
マグネットデンチャー 磁石と金属で構成された入れ歯です。磁力を使って固定するため周りの歯に負担をかけないほか、取り外しが比較的簡単にできるというメリットがあります。
価格 50,000円~(税抜) ※義歯は別費用となります。
シリコンデンチャー
シリコンデンチャー 歯ぐきと接触する部分がやわらかいシリコンでつくられた入れ歯です。しっかり固定されるだけでなく、シリコンが衝撃を吸収してくれるので、「入れ歯が当たって痛い」というお悩みをお持ちの方におすすめです。
価格 300,000円~(税抜)
金属床義歯
金属床義歯 床の部分が金属でつくられた入れ歯です。床部分を薄く作ることができるため、軽くて丈夫なのが特徴。熱を通しやすいため、食べ物や飲み物の温度が伝わりやすくなります。
価格 300,000円~(税抜)
ブリッジ

ブリッジ

歯が抜けてしまった部分の両隣の歯を削って支えにし、連なった人工歯を橋(ブリッジ)をかけるように装着する補綴治療です。数本分の歯を一度に補えるほか、使用する素材によっては保険が適用できます。

メリット デメリット
  • 保険適用の場合は安価にできる
  • 短期間の治療で効果が得られる
  • 噛む力を数本の歯で分散できる
  • 見た目や機能にこだわることもできる
  • 健康な歯を削る必要がある
  • 汚れが溜まりやすい
  • インプラントに比べて噛む力が弱くなる
  • 適用できない症例もある

診療案内

  • ページの先頭に戻る